サビトラは非常に安価に使えるED治療薬です

ED治療薬といえば、世界で最初に開発されたバイアグラが有名です。

しかし、主要なED治療薬はバイアグラだけではありません。

レビトラ、シアリスといったED治療薬も、世界的なシェアを持っていますし、日本のクリニックでも処方されています。

現在も、新しいED治療薬の開発は進められていますが、認知度の高いED治療薬は。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの三種類です。

この三種類のED治療薬には、それぞれジェネリック版が存在しています。

サビトラもその中のひとつで、インドの大手製薬メーカーである、シプラ社の開発した、レビトラのジェネリック版です。

この、ジェネリック版ED治療薬は、レビトラと同様にバルデナフィルを主成分としています。

バルデナフィルは水に溶けやすいという特徴を持っていて、この特徴により、薬効が現れるのが非常に速くなっています。

バルデナフィルを主成分としたED治療薬は、シルデナフィルを使用したバイアグラよりも、10分程度速く、効果を発揮するのです。

もちろん、サビトラもこの特性を持っていて、服用から効果が現れるまでが、非常にスピーディーです。

具体的には、個人差はありますが、服用から最短で20分で効果が現れるようになっています。

また、バルデナフィルを主成分とするレビトラ系のED治療薬は、効き目が強く表れるのも、大きな特徴です。

レビトラの種類について

レビトラには、主成分10mgのものと、20mgのものが用意されていますが、一般的な日本人の体格ですと、10mgのもので十分な効果を得ることができます。

一方、個人輸入代行業者で取り扱われているサビトラは、主成分が20mgのものとなっています。

この、主成分が20mgのもので、効き目が強すぎると感じる方は、ピルカッターなどで二つに割って服用することが可能です。

さて、ジェネリック版ED治療薬の最大の特徴は、価格の安さです。

新薬であるレビトラを医師から処方してもらうには、主成分10mgのもので、1錠あたり1,500円の費用が必要となります。

しかし、サビトラは10錠入り3,500円強で、個人輸入代行業者で購入できます。

つまり、一錠あたり350円程度で購入できるのです。

しかも、この価格で購入できるのは、主成分が20mgのものになります。

先述のとおり、この医薬品は二つに割っても高い効果が期待できるので、10錠を割って20回分の治療薬として使用することも可能です。

この使い方をすれば、175円程度で一回のセックスに使用できます。

サビトラは、効果抜群で、非常に安価にEDの症状を改善できるジェネリック医薬品なのです。